コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

送り足 おくりあし

3件 の用語解説(送り足の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

送り足
おくりあし

相撲で相手を吊り上げて土俵外へ運び出すとき,自分の足を土俵外に踏み出してから相手の体を土俵外におろしても「送り足」といって負けにならない。しかし,吊り上げたとき,相手の足が少しでも土俵内に残っていれば「勇み足」となり負けになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おくり‐あし【送り足】

相撲で、相手をつり上げたまま、自分から土俵外へ踏み出した足。負けにはならない。
柔道で、相手の足の動きに合わせ、自分も動くこと。
剣道で、片足を踏み出したあと、すぐ他の足を引きつける足さばき。
貴人の面前に目録などを持参するとき、敷居ぎわで一度足を引いて踏み直してから越えていく足の運び。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おくりあし【送り足】

相撲で、相手をつり上げたまま土俵の外にだすとき、踏み出した自分の足。この場合、負けとはならない。
剣道で、前足に後ろ足を引きつけながら進む足さばき。
貴人の前に物を持ってでる時の礼法。敷居ぎわで片足を上げ、前へは出ずにもとに戻し、改めて敷居を越えるもの。 〔貞丈雑記〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

送り足の関連情報