コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

送り足 おくりあし

3件 の用語解説(送り足の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

送り足
おくりあし

相撲で相手を吊り上げて土俵外へ運び出すとき,自分の足を土俵外に踏み出してから相手の体を土俵外におろしても「送り足」といって負けにならない。しかし,吊り上げたとき,相手の足が少しでも土俵内に残っていれば「勇み足」となり負けになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おくり‐あし【送り足】

相撲で、相手をつり上げたまま、自分から土俵外へ踏み出した足。負けにはならない。
柔道で、相手の足の動きに合わせ、自分も動くこと。
剣道で、片足を踏み出したあと、すぐ他の足を引きつける足さばき。
貴人の面前に目録などを持参するとき、敷居ぎわで一度足を引いて踏み直してから越えていく足の運び。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おくりあし【送り足】

相撲で、相手をつり上げたまま土俵の外にだすとき、踏み出した自分の足。この場合、負けとはならない。
剣道で、前足に後ろ足を引きつけながら進む足さばき。
貴人の前に物を持ってでる時の礼法。敷居ぎわで片足を上げ、前へは出ずにもとに戻し、改めて敷居を越えるもの。 〔貞丈雑記〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

送り足の関連キーワード相川交・交交・相・更長州ファイブ相生町相原相武台相(間)中相(合)乗車合(相)番T 相

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

送り足の関連情報