コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

送金小切手 そうきんこぎってremittance cheque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

送金小切手
そうきんこぎって
remittance cheque

隔地者間の金銭上の債権,債務の決済を,直接現金を輸送することなく行うために振出す小切手で,普通送金為替の送金手段として使用される。甲地の債務者Aが乙地の債権者Bに対し代金を送金しようとする場合,Aは甲地のC銀行に送金資金と手数料を払込み,乙地にあるC銀行と為替取引契約のあるD銀行を支払人とする小切手 (送金小切手) を振出してもらう。これをBに送付し,BはこれをD銀行に提示して支払いを受ける。なお送金小切手は送金のための小切手という意味であって,一般の小切手と同様に小切手法の適用を受ける。一般の小切手との相違点は,支払地が隔地であるのが通常であるから振出地と支払地が異なること,振出人金融機関であること,支払銀行 (支払人) において立替払いが行われ,支払い後に為替決済制度によって決済されることである。なお同一国内における代金決済だけでなく,取引相手が外国にいる場合にもこの送金小切手は利用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうきん‐こぎって【送金小切手】

送金為替の取り組みにあたり、送金手段として銀行が振り出す小切手

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうきんこぎって【送金小切手】

送金手段として金融機関が振り出す小切手。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の送金小切手の言及

【外国為替】より

…このような持高の状態をスクエア・ポジションsquare positionといい,すべての外貨について総合持高がゼロの場合,為替相場変動のリスクは完全に回避される。 送金小切手demand draft為替銀行が送金依頼人の求めに応じて,自行の海外支店またはコルレス銀行あてに振り出す小切手。依頼人はこれを受取人に郵送し,受取人は支払銀行に呈示してその支払を受ける。…

※「送金小切手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

送金小切手の関連キーワードキャッシュ・フロー計算書電信売相場交換手形電信為替並為替DD