コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小切手法 こぎってほう

2件 の用語解説(小切手法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小切手法【こぎってほう】

広義には小切手に関する私法的規定の全体,狭義には同名の法律(1933年公布,1934年施行)をさす。後者は,小切手の形式・譲渡・支払等につき規定したもので,小切手法統一条約(1931年)に従って制定された。
→関連項目商法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小切手法
こぎってほう

広義において小切手法とは、小切手取引に関する私法的規定の全体を意味するが、狭義においては小切手取引に特有の規定をさし、これを実質的意義の小切手法といい(固有の小切手法)、一般私法の規定で小切手関係に適用あるもの(民事小切手法)は除く。このうち形式的意義の小切手法は、1931年の小切手法統一条約に基づいて33年(昭和8)に「小切手法」として制定された法律(昭和8年法律57号)をさす。
 それ以前は小切手を手形の一種として商法典の第4編「手形」のなかで、為替(かわせ)手形・約束手形とあわせて規定していたが、1933年に独立の単行法となった。小切手法には、統一条約の留保条項を利用して支払保証や線引小切手に関する規定を設けたほかは、条約の規定と同じである。[戸田修三]
『田邊宏康著『手形小切手法講義』第2版(2008・成文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小切手法の言及

【小切手】より

…振出人が支払人である銀行(またはその他の金融機関)にあてて,受取人その他の正当な小切手所持人に対して一定金額の支払を委託する有価証券。小切手を振り出すにはあらかじめ銀行との間で,振出人は銀行に対して小切手支払の資金を提供する旨,および銀行はこの資金によって小切手の支払をする旨を約束する契約(当座預金契約または当座貸越契約)を締結しておかなければならない(小切手法3条参照)。振出人はこの契約にもとづいて銀行から小切手用紙の交付をうけ,これを使って小切手を振り出すことになる。…

※「小切手法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小切手法の関連キーワード送金小切手手形法海事私法小切手帳指図式小切手白地小切手特定線引小切手銀行小切手禁転小切手旅行小切手総合保険

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小切手法の関連情報