コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆宣伝 ぎゃくせんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

逆宣伝
ぎゃくせんでん

カウンター・プロパガンダ counter-propagandaの訳。一般の宣伝戦において,敵の宣伝に打勝つために対抗して行われる宣伝。対抗宣伝ともいう。なお体制側の宣伝に対して,反体制側から行われる宣伝をいう場合もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゃく‐せんでん【逆宣伝】

[名](スル)
相手の宣伝を逆に利用して、相手が不利になるような宣伝をし返すこと。また、その宣伝。
意図した効果とは逆の宣伝効果が現れてしまった宣伝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎゃくせんでん【逆宣伝】

( 名 ) スル
相手の宣伝に対抗して、その宣伝を逆に利用し自分が有利になるよう宣伝すること。
宣伝の効果が、期待とは逆にはたらくこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

逆宣伝の関連キーワード電子戦兵器工業低水準戦争被害管理スイッチOTC医薬品ECCMOTCcounter stopcounter kitchenCIC

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逆宣伝の関連情報