戦線(読み)せんせん

精選版 日本国語大辞典「戦線」の解説

せん‐せん【戦線】

〘名〙
① (「せんとうせん(戦闘線)」の略) 戦場で敵を前にした戦闘部隊の配置されている地点を連ねた仮想の線。戦闘の第一線交戦の区域。戦場。戦闘線。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※鮫(1937)〈金子光晴〉泡「転々として戦線から戦線に輸送された」
② 政治運動や社会運動で、闘争の最前線または闘争の場面や形態をたとえていう語。転じて、一般に激しい競争にもいう。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉四一「水夫達はかう云ふ要求条件を出して戦ふ、戦線を共同して貰へれば、此上もない事だが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「戦線」の解説

せん‐せん【戦線】

戦闘を交えている地域。戦闘の第一線。戦場。戦闘線。「戦線を縮小する」
政治運動や社会運動で、闘争の場面・形態を戦争にたとえていう語。「右派と左派が戦線を共同する」「統一戦線
[類語]第一線最前線戦地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android