逆張り(読み)ぎゃくばり

デジタル大辞泉「逆張り」の解説

ぎゃく‐ばり【逆張り】

取引で、人気のよいときに売り、悪いときに買うこと。⇔順張り
俗に、大勢時流に逆らう言動をすること。「逆張り主張

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の逆張りの言及

【取引所】より

…ある銘柄の相場が上昇し,信用取引の融資残高が減少した場合,これを〈仮需が実需に振り替わった〉という。 逆張り相場が上がっているときに売り,相場が下がっているときに買うことで,相場の流れ,人気に逆らって売買することをいう。一方,反対に相場の流れに従って売買することを〈順張り〉という。…

※「逆張り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android