逆生歯(読み)ぎゃくせいし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

逆生歯
ぎゃくせいし

顎骨(がくこつ)のなかで歯が正常とはまったく逆な方向を向いているものをいう。上顎では中切歯(第一切歯)、側切歯(第二切歯)、犬歯などが鼻腔(びくう)底、上顎洞内に萌出(ほうしゅつ)することがあり、とくに唇顎口蓋裂(こうがいれつ)の患者にみられる。このほか、正常歯数よりも数の多い上顎正中過剰歯にも、逆生歯がみられることがある。下顎では、智歯(ちし)(親知らず)が下顎上行枝内で逆生している場合がある。原因は、歯の発生過程である歯胚(しはい)(歯を形成する細胞を入れた袋)の位置の異常によるものと考えられている。[土谷尚之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android