コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透水係数 とうすいけいすうpermeability

翻訳|permeability

岩石学辞典の解説

透水係数

滞水層の透水性などを表す係数.流量をq,流体の密度をρ,粘性をμ,流れ方向に直角な多孔質物体の断面積をA,流れ方向の距離をx,ダルシーの浸透率をk,重力加速度をgとすると,
 q={(kρgA)/μ}d/dx
となる.Kρgk/μであり,Kのディメンションは[LT-1],kは[L2]となる.水理学ではKがしばしば用いられる.kは多孔質物体の属性で固有透過度(intrinsic permeability)と呼ばれる.Kを浸透率(permeability)として用いる場合があり,水理学ではkを透水係数,Kを有効透水係数とする場合があるので注意を要する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透水係数
とうすいけいすう

地層の透水性の程度を示す係数。地層の多孔体中の層流に関する基本則のダルシーの法則を、q=KIと表したとき、qを比流束(またはダルシー流速)、Iを動水勾配(こうばい)、比例定数Kを透水係数という。qとKはともに速度の次元をもつ。物理的には、多孔体中で流れの方向に直角な単位断面積を、単位の動水勾配の下で単位時間内に通過する水の量と定義される。
 透水係数は一般に粒径のそろった粗粒な地層ほど大きく、細粒で混合粒径の地層ほど小さい。地下水を取水する帯水層の透水係数は日当り0.1~100メートル程度である。透水係数は地層の性質のほかに、水温、封入空気、イオン組成など水の性質によっても変化する。水温が高いほど透水係数は大きい。封入空気は水の流れを妨げ透水係数を低める。堆積(たいせき)層の透水係数は、土粒子の配列構造や地層の層構造のため、一般に水平方向の透水係数が垂直方向のそれよりも大きく、異方性を示す。[榧根 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

透水係数の関連キーワードハーゼンの公式不透水層圧密係数透水層透過率

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android