コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

途絶える/跡絶える トダエル

デジタル大辞泉の解説

と‐だ・える【途絶える/跡絶える】

[動ア下一][文]とだ・ゆ[ヤ下二]
続いていたものが、途中で切れてなくなる。「便りが―・えて久しい」
人の行き来がなくなる。特に、男女の間が疎遠になる。
「久しく―・え給はむは、心細からむ」〈総角

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

途絶える/跡絶えるの関連キーワード血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)セリーナ ウィリアムズ日中・日韓の歴史問題掻き絶ゆ・搔き絶ゆ失業手当の給付日数M. ベン・バルカ竹田出雲(2代)無停電電源装置幻の椎茸204急性動脈閉塞症倉沢人形歌舞伎カストロ政権後を絶たない三原だるま勝浦 正山蘇生後脳症絶え間ない垣ノ島遺跡国中公麻呂山本 震琴

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android