コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止む/留む/停む トドム

3件 の用語解説(止む/留む/停むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とど・む【止む/留む/停む】

[動マ上二]とどめる。とめる。
「世の理(こと)なれば―・みかねつも」〈・八〇五〉
[動マ下二]とどめる」の文語形。

と・む【止む/留む/停む】

[動マ下二]と(止)める」の文語形。

や・む【止む/×已む/罷む】

[動マ五(四)]
風・雨・雪など、自然現象の動きがなくなる。「夕立が―・む」「風が―・む」
続いていたことがとまる。物事にきまりがつく。終わる。「騒動が―・む」「銃声が―・む」「死して後(のち)―・む」
高まった感情や病気などがおさまる。
「わたつみの海に出でたる飾磨(しかま)川絶えむ日にこそ吾(あ)が恋―・まめ」〈・三六〇五〉
[動マ下二]や(止)める」の文語形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone