コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

止む/留む/停む トドム

デジタル大辞泉の解説

とど・む【止む/留む/停む】

[動マ上二]とどめる。とめる。
「世の理(こと)なれば―・みかねつも」〈・八〇五〉
[動マ下二]とどめる」の文語形

と・む【止む/留む/停む】

[動マ下二]と(止)める」の文語形。

や・む【止む/×已む/罷む】

[動マ五(四)]
風・雨・雪など、自然現象の動きがなくなる。「夕立が―・む」「風が―・む」
続いていたことがとまる。物事にきまりがつく。終わる。「騒動が―・む」「銃声が―・む」「死して後(のち)―・む」
高まった感情や病気などがおさまる。
「わたつみの海に出でたる飾磨(しかま)川絶えむ日にこそ吾(あ)が恋―・まめ」〈・三六〇五〉
[動マ下二]や(止)める」の文語形。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

止む/留む/停むの関連キーワード乳幼児健康支援一時預かり事業ヘーリング=ブロイエル反射民撰議院設立建白書(抄)口蹄疫対策特別措置法新疆ウイグル自治区止む・已む・罷む緊急ランディング止める・已めるウイグル自治区止むに止まれぬ思惑・思わく止むを得ず不本意派遣綺ひ・弄ひ大経師昔暦止ん事無い共同海損手を拱く小川可進泣き止む

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android