コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通信品位法 つうしんひんいほう

1件 の用語解説(通信品位法の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

通信品位法

米国の改正電気通信法の一部の法案で、インターネットなどを通じて、いわゆるみだらで不快な情報を18歳未満の者に対して提供することを禁止したもの。CDAと略して呼ばれる。この法案に対して、ネットワーク関連企業や個人、市民グループなどが、「表現の自由」を侵害するものとして米国政府を相手取り訴訟を起こし、米国連邦最高裁判所まで持ち込まれ、1997年6月に違憲判決が下された。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通信品位法の関連キーワードテレマティーク電気通信事業法VAN国際電気通信連合正電気電気通信大学APT予算関連法案NTIA電気通信工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通信品位法の関連情報