コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通信文 つうしんぶん

大辞林 第三版の解説

つうしんぶん【通信文】

自己の意思を他人に伝え、またはある事実を他人に通知するために、文字や記号(電信符号・点字・速記符号など)を用いて表されたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通信文の関連キーワードファイリング・システムハーゲルシュタンゲコンピューター郵便サイバネティックスコレスポンデンス逓信総合博物館共通鍵暗号方式志賀 祐五郎ミニレター通常郵便物テレタイプ松原岩五郎郵政博物館国木田独歩国際信号旗ウィーナー志賀祐五郎テレックス国際信号書暗号IC

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通信文の関連情報