コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郵便葉書 ゆうびんはがきpostcard

翻訳|postcard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郵便葉書
ゆうびんはがき
postcard

郵便法において第二種郵便物と規定されている単片の郵便物。通常葉書往復葉書に区分され,日本郵便株式会社規格を定めて発行する葉書のほか,一定の規格を有する私製葉書も認められている。絵葉書私製葉書の大部分を占める。最初の葉書は 1869年オーストリアで発行され,Correspondenz-Karteと名づけられた。日本では 1873年12月1日に初めて発行され,1885年から往復葉書が発行された。また,小包郵便物の外部に添付して通信文を記載する小包葉書も発行されていた。(→郵便

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうびんはがき【郵便葉書】

郵便料金を示す証票をそなえ、第二種郵便物として日本郵便(郵便事業株式会社)が規格を定めて発行する通信用紙。これを基準とした私製のものも使用できる。通常葉書・往復葉書・年賀葉書などの種類がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郵便葉書
ゆうびんはがき
postcard

郵便物の一種。世界で初めて郵便葉書を発行したのは、オーストリア・ハンガリー帝国で、1869年10月のことである。日本では、郵便事業創業2年後の73年(明治6)12月に初めて発行された。[山口 修・小林正義]

種類と大きさ

郵便葉書は、郵便法(昭和22年法律165号)で第2種郵便物と定められているもので、これには通常葉書、往復葉書の2種類がある。以前は小包葉書があったが、2003年(平成15)4月販売中止となった。通常葉書は、以前は郵政官署が規格、様式を定めて発行していたため、官製葉書ともよばれていた。2007年(平成19)10月の郵政民営化以降は、郵便事業株式会社(日本郵便)が「内国郵便約款」でその規格および様式を定めて発行している。表面の左上部に料額印面(切手にあたる部分)が印刷されており、料金は全国均一である。また、通常葉書の規格、様式を標準として民間で作製することも認められている。これは私製葉書とよばれ、使用する場合は、料額に相当する郵便切手を貼付(ちょうふ)する必要がある。郵便葉書の大きさは、通常葉書、往復葉書の往信部、返信部は、ともに縦14.8センチメートル(以下センチと省略)、横10センチで、往復葉書は、往信部と返信部とを横に連続したものである。小包葉書は、縦12.4センチ、横15.5センチ、折り畳み寸法縦12.4センチ、横7センチで、その上部に小包郵便物に結附するため、針金がつけてあった。郵便葉書には内国用と国際用の区別がある。国際用の葉書は、かつて船便用の万国郵便連合葉書があったが、利用者の用途の変化にあわせ1988年(昭和63)に国際郵便葉書と改称し、船便用と航空便用が発行された。料金は内国同様、各国あて均一料金である。
 日本で葉書が最初に発行されたのは、次のとおりである。(1)通常葉書 1873年(明治6)12月1日 (2)往復葉書 1885年(明治18)1月1日 (3)小包葉書 1951年(昭和26)6月1日 (4)万国郵便連合葉書(現在の国際郵便葉書の前身) 1877年(明治10)11月20日。
 このほか、記念のため、あるいは行事にちなんで発行されるもの、特別の目的、あるいは宣伝のために発行される特殊葉書がある。当初、葉書は官製に限られていたが、1900年(明治33)10月1日に旧郵便法が施行されたとき私製葉書が認められた。[山口 修・小林正義]

記念葉書・特殊葉書

記念葉書、特殊葉書は、1902年6月、万国郵便連合(UPU)加盟25周年記念式典に際し、初めて記念の絵葉書が発行された。こうした官製の記念絵葉書は昭和中期までしばしば発行され、1906年には空前の絵葉書ブームをよんだ。1949年(昭和24)12月1日にお年玉つき年賀葉書が発行され、年賀状といえば、お年玉つき年賀葉書が大半を占めることになった。お年玉つき年賀葉書は記念葉書と区別し、特殊葉書とよばれる。1982年から、寄付金つき年賀葉書の裏面に美しい図案を刷った絵入葉書が発行されている。翌年には、絵入葉書に地方版が登場した。暑中見舞用の葉書も1950年から発行された。暑中見舞用は当初から絵入りで、1986年からはお年玉つき年賀葉書と同様に、くじつきとなり、「かもめーる」と愛称されている。社会福祉に寄与するため、1958年9月15日に「としよりの日」(現在の「敬老の日」)の葉書が発行されたが、1991年(平成3)からは、「はあとめーる」とよばれた(2003年度以降の発行は中止)。1976年4月からは、身体障害者福祉強調運動にちなむ葉書が発行され、一般に発売されるとともに重度(1級、2級)の身体障害者のうちの希望者に1人20枚が贈呈されるようになった。この葉書には、目の不自由な人に葉書の表裏、上下がわかるよう、表面左下部に半円形のくぼみが入っている。当初の葉書の料額印面に描かれた図案から「青い鳥郵便葉書」とよばれる。広告つき葉書は、表面の下部に広告を施し、その広告主の負担によって売価を低減したもので、1981年7月から発行が開始され、愛称を「エコーはがき」と名づけられた。この葉書は、販売地域によって全国版(および準全国版)と地方版に分けられている。1985年4月から、各地の代表的な風景などを印刷し、その印刷に要する経費を勘案した売価で発売されている。これを絵入り葉書とよんでいるが、いわゆる絵葉書で、通常葉書より高額である。絵入り葉書は、国際科学技術博覧会(科学万博)にちなんで、当時の郵政官署であった郵政省から発行(1985年7月16日)された例もある。現在発行されているものは、日本郵便の地方支社が製作発行する観光絵葉書が多い。[山口 修・小林正義]

国際郵便葉書

外国あての国際郵便葉書は、1877年(明治10)11月20日、日本がUPUに加盟した5か月後に発行されたのが最初である。宛先(あてさき)によって料金が異なり、3銭、5銭、6銭の3種がつくられ、「356」葉書とよばれた。様式は、内国用の葉書と同じで縦長であったが、1879年から横型になり、UPUの名称と同じくフランス語でCarte Postalと表示するとともに、万国郵便連合端書と表示されていた。日本語表示が葉書でなく、「端書」であるのも特徴である。これが葉書に統一されたのは1912年である。1988年(昭和63)に国際郵便葉書が発行されたときから、内国用の絵入り葉書と同様、図、絵画、写真等を印刷した葉書が発行できることになった。現在、日本郵便が発行する国際郵便葉書は、エアメール(航空便)専用のもので、縦10センチ、横14.8センチ、表面の右上部に料額印面が印刷してある。表面の上部中央に英語で「Postcard」の文字を表示し、表面には航空扱いのものには「Air mail」、航空扱いとしないものには「Surface」の文字を表示する。
 なお、書き損じた日本郵便発行の葉書は、手数料を払い交換することができる。[山口 修・小林正義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

郵便葉書の関連キーワードシュテファン(Heinrich von Stephan)日本郵便制度史(年表)端書き・葉書・端書郵便事業株式会社18円切手信書開披罪国立印刷局通常郵便物郵便番号年賀葉書官製葉書航空書簡又は手紙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郵便葉書の関連情報