コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通元 つうげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通元 つうげん

?-? 江戸時代前期-中期の僧。
真宗大谷派。豊後(ぶんご)(大分県)長福寺の住職。元禄(げんろく)-宝永年間(1688-1711)の人。十住論の易行品の教義に関する文を抄出し,「読易行品」という著述にちなんでみずから易行庵と称した。京都にでて東本願寺高倉学寮創設に慧空らと尽力した。豊後出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

通元の関連キーワード京都府京都市上京区毘沙門町京都府京都市上京区頭町プリンキパツス阿部源左衛門田代紫紅開元通宝アルケン田中大観河野通春馬越元泉甲賀通玄剰余類洞戸直和宋銭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通元の関連情報