コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

易行品 いぎょうぼん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

易行品
いぎょうぼん

鳩摩羅什の漢訳した龍樹の『十住毘婆沙論』第9章のこと。自身の力に依存して悟りを求める方法に対して仏陀による救済に基づいて悟りを求める立場をあげ,後者を特に強調する。中国,日本の浄土教ではこれを重要視する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いぎょうぼん【易行品】

十住毘婆沙論じゆうじゆうびばしやろん三四品中の第九品。菩薩の実践に難易の二道があることを説き、易行の法としての憶念・称名をすすめる。浄土信仰の形成上、重要な経。竜樹の撰述と伝える。五世紀初め頃、鳩摩羅什くまらじゆう訳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

易行品の関連キーワード南条神興教相判釈鳩摩羅什浄土信仰曇鸞難易二道称名菩薩易行通元宝雲撰述大乗憶念