コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

易行品 いぎょうぼん

3件 の用語解説(易行品の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

易行品
いぎょうぼん

鳩摩羅什の漢訳した龍樹の『十住毘婆沙論』第9章のこと。自身の力に依存して悟りを求める方法に対して仏陀による救済に基づいて悟りを求める立場をあげ,後者を特に強調する。中国,日本の浄土教ではこれを重要視する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いぎょう‐ほん〔イギヤウ‐〕【易行品】

インドの竜樹著、中国の鳩摩羅什(くまらじゅう)訳「十住毘婆娑論(じゅうじゅうびばしゃろん)」34品の第9品。中国の曇鸞(どんらん)が注目し、そこに説かれる易行道他力と規定した。日本の親鸞(しんらん)も重視。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いぎょうぼん【易行品】

十住毘婆沙論じゆうじゆうびばしやろん三四品中の第九品。菩薩の実践に難易の二道があることを説き、易行の法としての憶念・称名をすすめる。浄土信仰の形成上、重要な経。竜樹の撰述と伝える。五世紀初め頃、鳩摩羅什くまらじゆう訳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

易行品の関連キーワード五十二位十地十住心十住心論十住毘婆沙論秘蔵宝鑰三阿僧祇劫三賢十聖十住《秘密曼荼羅十住心論》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone