通手形(読み)とおりてがた

  • とおりてがた とほり‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 江戸時代、旅行者が携帯した関所通行の証明書。関所通手形。通行手形。通(とおり)切手。
※俳諧・大坂檀林桜千句(1678)第二「箱根は越うか旅の秋風〈由平〉 月に雁とをり手形をあらためて〈如昔〉」
② 薩摩藩で、他国に牛馬の売出しを許可する際、牛馬役が携えてきた除証文、札と引換えに往来状とともに下付した手形をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android