コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通貨法 つうかほう Currency Act

1件 の用語解説(通貨法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通貨法
つうかほう
Currency Act

重商主義植民地政策の一環として出されたイギリスの法律。本国への正貨の一方的流入をはかる重商主義政策の結果,北アメリカ植民地は慢性的な通貨不足と主体的経済活動の阻害に悩まされていた。このため植民地は独自の貨幣鋳造,土地銀行の設置,外貨の操作などを試みたが,これに対しイギリス本国側は,通貨,価格体系の安定と植民地支配の強化のため,1708年の貨幣法 Coin Act,泡沫法 (1720,41) などで統制強化をはかり,通貨問題は本国と植民地との対立の焦点の一つとなっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通貨法の関連キーワードアメリカ独立革命重商主義新重商主義大英帝国重商学派植民政策先住民族国民参議会議会的重商主義絶対主義的重商主義

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通貨法の関連情報