コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

速度ベクトル ソクドベクトル

1件 の用語解説(速度ベクトルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そくど‐ベクトル【速度ベクトル】

物理学において、物体の運動などを表すベクトル量としての速度。または、物体の速度などを矢印で図示したもの。いずれも、本来、速度が向きと大きさをもつベクトルであることを強調もしくは明示したものといえる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の速度ベクトルの言及

【運動】より

rr(t)はtを補助変数とした軌道の方程式である。速度ベクトルv(t)は,rの平均変化率ベクトルの⊿t→0としたときの極限()で,大きさは点rr(t)での速さに等しく,軌道に対する接線の方向をもち運動の向きを向いている。二つの位置ベクトルr(t+⊿t)とr(t)の差⊿rもやはりベクトルで,r(t)の端点からr(t+⊿t)の端点に向けて引いた矢印に対応する。…

※「速度ベクトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone