速歩(読み)ソクホ

精選版 日本国語大辞典の解説

そく‐ほ【速歩】

〘名〙
① はやくくこと。はやあし。旧日本軍では正規の歩法のことで、時速五キロメートル強程度の行進をいう。
※地方官会議日誌‐一五・明治八年(1875)七月八日「必らすしも急進速歩して能はさる所を為すを期せす」
② 馬術で、馬の歩度の一つ。常歩(なみあし)と駆歩(かけあし)の中間の歩度で、一分間二一〇メートルとする。ふつう「はやあし」と読む。トロット。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

速歩の関連情報