コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造船重機労連 ぞうせんじゅうきろうれん

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうせんじゅうきろうれん【造船重機労連】

正称は全国造船重機械労働組合連合会。1972年2月に結成され,連合の加盟組合。造船産業の労働組合は第2次大戦後,全国金属の造船部(1946結成。64年造船総連(全国造船機械労働組合総連合)と改称。同盟に加盟)と全造船(全日本造船労働組合,1946結成。64年全造船機械(全日本造船機械労働組合)と改称)とが並立していた。日米安全保障条約改定をめぐり,全造船は1959年8月の中央委員会に安保反対のゼネストを行う方針をうちだした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

造船重機労連
ぞうせんじゅうきろうれん

全国造船重機械労働組合連合会」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の造船重機労連の言及

【労働組合】より

…(1)同一の業界に所属する巨大企業の組合を中心としながら,関連した中小企業の組合を加盟させている型。自動車総連,電気連合,電通労連(電気通信情報産業労働組合連合,主体は全電通),鉄鋼労連私鉄総連造船重機労連など日本の代表的産業別連合体がこれである。業界の大手企業の組合員が大半を占めており,組合役員も大手企業の在籍専従者が多い。…

※「造船重機労連」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報