コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連ね歌 ツラネウタ

デジタル大辞泉の解説

つらね‐うた【連ね歌】

しりとりで詠み続ける和歌。前の歌の最後の言葉をとって、次の歌の初めに詠み込むもの。
連歌(れんが)」に同じ。
「昔、一条摂政のみもとにて、人々―侍りけるに」〈撰集抄・八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

連ね歌の関連キーワードれんが

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android