コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連借 レンシャク

大辞林 第三版の解説

れんしゃく【連借】

( 名 ) スル
連名で金品を借用すること。連帯借。 「平岡の為に判を押して、-でもしたら/それから 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

連借の関連キーワード漱石

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android