連名(読み)レンミョウ

大辞林 第三版の解説

れんめい【連名】

二名以上の者が名前を並べて記すこと。姓名を連ね書くこと。連署。 「 -で嘆願書を出す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

れん‐みょう ‥ミャウ【連名・連苗メウ

〘名〙 (「みょう」は「名」の呉音)
※随筆・窓のすさみ(1724)二「日々連苗(レンメウ)の注状老中へ上(たてまつ)り」
※浄瑠璃稽古穴捜伊呂波歌(1830‐44頃)「連名(レンミャウ)は上の下のと争うて語る段には風をひいたけ」

れん‐めい【連名】

〘名〙
① 二人以上が名をつらねること。姓名をならべ記すこと。れんみょう。
※泰西国法論(1868)〈津田真道訳〉二「請願状を呈するは一名にても可なり、連名にても可なり」 〔漢書‐霍光伝〕
② 氏名を上位から下位に一覧にしたもの。れんみょう。
洒落本・意気客初心(1836)下「鎮西八郎も楊弓場の連名(レンメイ)には為朝(いてう)さんと喚れしといへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

連名の関連情報