コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連帯選挙運動 れんたいせんきょうんどうAkcja Wyborcza Solidarnošč

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連帯選挙運動
れんたいせんきょうんどう
Akcja Wyborcza Solidarnošč

略称 AWSポーランドの自主管理労働組合「連帯」を中心とする政党・団体の大連合政党。 1997年下院選挙を控えた 96年,連帯の呼びかけにより四分五裂状態にあった約 40の政党・団体が選挙協力の目的で結成。 97年9月の総選挙で左派勢力が軒並み議席数を減らすなか,得票率 33.8%,201議席を獲得。しかし,単独過半数には届かなかったため,翌 10月自由同盟との右派中道連立内閣を結成し,AWS経済顧問のイエジ・ブゼックが首相に就任した。その後 AWSは連帯を母体とする連帯社会運動やキリスト教国民連合など 10以上の政党連合へと改編された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

連帯選挙運動の関連キーワード民主左翼連合[ポーランド]自由同盟[ポーランド]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android