コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連星の分類 classification of binary stars

法則の辞典の解説

連星の分類【classification of binary stars】

観測的に分類した連星には「実視連星(望遠鏡で主星伴星が分離して観測可能)」,「食連星(主星と伴星とがお互いを隠しあう食による変光から連星とわかる)」,「分光連星(スペクトル線ドップラー効果の周期性から連星とわかる)」の3種類が挙げられる.

相互距離による分類では,遠隔連星(星の大きさに比べて距離が十分に大きい)と,近接連星(相互作用連星)とに分けられる.近接連星はさらに「接触型」「半分離型」「分離型」に三分することができる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android