コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連星の分類 classification of binary stars

法則の辞典の解説

連星の分類【classification of binary stars】

観測的に分類した連星には「実視連星(望遠鏡で主星伴星が分離して観測可能)」,「食連星(主星と伴星とがお互いを隠しあう食による変光から連星とわかる)」,「分光連星(スペクトル線ドップラー効果の周期性から連星とわかる)」の3種類が挙げられる.

相互距離による分類では,遠隔連星(星の大きさに比べて距離が十分に大きい)と,近接連星(相互作用連星)とに分けられる.近接連星はさらに「接触型」「半分離型」「分離型」に三分することができる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android