コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

主星 しゅせいprincipal star

3件 の用語解説(主星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

主星
しゅせい
principal star

連星系 (→連星 ) において明るいほうの恒星,また惑星系の中心にある恒星をいう。伴星に対する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅせい【主星】

連星のうち、一般に明るい方の星をいうが、質量の大きい方の星をいう場合もある。 ↔ 伴星

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の主星の言及

【伴星】より

…一般には,連星をなす2個の星のうち暗いほうをいう。これに対して,明るいほうを主星principal starと呼ぶ。ただし,両星の質量が既知の場合には,質量の小さいほうを伴星,質量の大きいほうを主星ということもある。…

【連星】より

…2個の恒星が互いに万有引力を及ぼし合い,共通重心のまわりを軌道運動しているものを連星という。ふつう,明るいほうの星を主星,暗いほうの星を伴星と呼んでいる。恒星のなかで連星をなすものは多く,例えば太陽から17光年以内の空間には太陽も含めて60個の恒星が知られているが,約半数の28個が連星または多重連星の一員である。…

※「主星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

主星の関連情報