逸見 武雄(読み)ヘンミ タケオ

20世紀日本人名事典の解説

逸見 武雄
ヘンミ タケオ

大正・昭和期の植物病理学者,農学博士 京都大学名誉教授。



生年
明治22(1889)年9月15日

没年
昭和34(1959)年10月12日

出生地
東京

学歴〔年〕
東北帝大農科大学植物病理学科〔大正4年〕卒

学位〔年〕
農学博士

経歴
大学院に残り、のち米国留学。帰国後京都帝大農学部教授となり植物病理学を担当。昭和24年定年退官、名誉教授。のち大阪府立大学農学部教授。稲熱病、葉枯病などの研究で知られ、著書に「農作物病害講義」「植物治病学汎論」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android