葉枯病(エンバク)

飼料作物病害図鑑の解説

葉枯病(エンバク)

九州等で発生が増加している枯性の糸状菌病。葉、葉鞘、穎など地上部全体に発生する。葉では初め褐色の小斑点であるが、拡大して長さ5-10mm、幅1-2mmの条斑となる。病斑周囲は激しく黄化し、やがて葉全体が枯死する。病斑表面が黒くかびることがあるが、これは分生胞子である。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android