コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸見享 へんみ たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸見享 へんみ-たかし

1895-1944 大正-昭和時代前期の版画家。
明治28年1月29日生まれ。ライオン歯磨意匠部につとめるかたわら木版画をはじめ,大正8年第1回日本創作版画協会展に入選日本版画協会でも活躍した。「新東京百景」を分担制作。友人大手拓次(たくじ)の詩集装丁,編集した。昭和19年10月19日死去。50歳。和歌山県出身。中央大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

逸見享の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)カミュスタージェスもの派

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android