コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸見享 へんみ たかし

1件 の用語解説(逸見享の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸見享 へんみ-たかし

1895-1944 大正-昭和時代前期の版画家。
明治28年1月29日生まれ。ライオン歯磨意匠部につとめるかたわら木版画をはじめ,大正8年第1回日本創作版画協会展に入選。日本版画協会でも活躍した。「新東京百景」を分担制作。友人大手拓次(たくじ)の詩集を装丁,編集した。昭和19年10月19日死去。50歳。和歌山県出身。中央大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

逸見享の関連キーワード深刻小説日清戦争もの派観念小説文芸倶楽部ドイツ映画青梅線沖縄戦カリブ文学直木賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone