コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春陽会 しゅんようかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春陽会
しゅんようかい

美術団体。 1920年日本美術院洋画部を脱退した足立源一郎倉田白羊小杉放庵山本鼎森田恒友長谷川昇らに,草土社系の岸田劉生木村荘八中川一政,その他万鉄五郎石井鶴三,新帰朝の梅原龍三郎らが加わり,特に主義主張を立てず,親近者の集りとして 22年1月 14日に結成。翌年5月の第1回公募展以来,毎年春に公募展を開催して現在にいたる。絵画部と版画部がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

春陽会【しゅんようかい】

洋画,版画の美術団体。1920年日本美術院洋画部を脱退した小杉放庵山本鼎ら6人が中心となり,梅原竜三郎を加えて,日本的な絵画を目ざす団体として1922年創立した。
→関連項目岡鹿之助木村荘八駒井哲郎清宮質文草土社鳥海青児中川一政長谷川潔三岸好太郎森田恒友山脇信徳万鉄五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんようかい【春陽会】

美術団体。1922年(大正11)1月,さきに日本美術院洋画部を解散させた小杉放庵,足立源一郎,長谷川昇,倉田白羊,森田恒友,山本鼎に,梅原竜三郎が加わって結成。院展系の石井鶴三,今関啓司,山崎省三草土社の岸田劉生,木村荘八,中川一政,椿貞雄,そして万鉄五郎を客員とした。趣意書に,とくに会としての主張はなく,単に親近する芸術家の集りであるとうたったが,構成メンバーの顔ぶれがおのずから示すように,東洋的な洋画創成への志向が顕著であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんようかい【春陽会】

美術団体。小杉放庵・梅原竜三郎・岸田劉生・中川一政らが1922年(大正11)に結成。油絵・版画のほか舞台美術も含む。毎年春に公募展を開く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春陽会
しゅんようかい

洋画、版画の美術団体。1920年(大正9)院展洋画部を脱退した小杉未醒(みせい)(のち放庵(ほうあん))、山本鼎(かなえ)、倉田白洋(はくよう)、足立(あだち)源一郎、森田恒友(つねとも)、長谷川(はせがわ)昇に新帰朝の梅原龍三郎(りゅうざぶろう)を加えた会員が、院展系の石井鶴三(つるぞう)ら3名と旧草土社(そうどしゃ)系の木村荘八(しょうはち)、岸田劉生(りゅうせい)、椿貞雄(つばきさだお)、中川一政(かずまさ)、萬(よろず)鉄五郎らを客員として迎え22年1月に創設。既成団体への社会的反抗としてではなく、単なる芸術家の心をもって因縁相熟したるものとの結成主旨を発表した。翌年第1回展を開催、さらに24年客員制を廃して会員制とし、以後毎年春に公募展を行っている。その後、梅原、岸田の脱退など会員の移動は頻繁であるが、大正期には帝展、二科と鼎立(ていりつ)する勢力をもち、三岸好太郎(みぎしこうたろう)や鳥海青児(ちょうかいせいじ)などの異才を世に送った。初期には草土社風の暗い色調や南画趣味ないし日本的油絵志向が顕著であったが、その後近代性を加え、第二次世界大戦後は岡鹿之助(しかのすけ)、加山四郎、三雲(みぐも)祥之助、中谷泰(たい)や版画部の長谷川潔(はせがわきよし)、駒井哲郎(こまいてつろう)、北岡文雄などの活躍が目だっている。なお51年(昭和26)から61年まで、一時舞台美術部が設けられた。[佐伯英里子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の春陽会の言及

【明治・大正時代美術】より

…《卓上静物》《沼風景》《麗子像》や《お松像》にうかがえる,克明な写実の基礎に立って〈内なる美〉の世界を示した岸田の画業は,高橋由一の精進を継承する日本の近代が生んだ,借物ではない,自主的な写実主義の実践として重視すべきものである。岸田は草土社の同人木村荘八,中川一政(1893‐1991),椿貞雄(1896‐1957)とともに,22年結成の春陽会に加わる。 一方,大正期の官設展=文展は,二科会,再興日本美術院,草土社の独立によって弱体となった。…

※「春陽会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春陽会の関連キーワード川端 弥之助大沢 鉦一郎伊藤 慶之助横堀 角次郎別府 貫一郎大森 啓助別府貫一郎柚木祥吉郎加山 四郎若山 為三坂口右左視中村徳三郎野見山暁治近藤 栄蔵清宮 質文川上 尉平横堀角次郎大沢鉦一郎山口 進小林和作

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春陽会の関連情報