藍色(読み)あいいろ

色名がわかる辞典の解説

あいいろ【藍色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い青」としている。一般に、やや濃い藍染めの色をさす。藍染めでははなだより暗く、紺色より明るい。は世界最古の染料といわれ、日本でも古くから用いられてきた。『延喜式えんぎしき』では藍と黄蘗きはだを用いた染色が藍色で、やや明るい緑みの青の色名であったが、その後は濃い色を表すようになった。江戸時代から明治時代にかけて普及し、庶民の衣服には欠かせない色であった。現在でも藍染めは代表的な染色の一つ。また、国が表彰する藍綬褒章らんじゅほうしょうの綬(リボン)は藍色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あい‐いろ〔あゐ‐〕【藍色】

で染めた色。濃い青色。

らん‐しょく【藍色】

濃い青色。あいいろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいいろ【藍色】

藍で染めた色。くすんだ青。染める回数によって濃淡があり、紺・納戸・縹はなだ・浅葱あさぎ・瓶覗かめのぞきなどの色がある。藍。

らんしょく【藍色】

あいいろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐いろ あゐ‥【藍色】

〘名〙 藍で染めた色。その色の濃淡によって名称が違い、浅い色を縹(はなだ)、濃い色を搗(かち)という。あい。
※倭語類解(17C後‐18C初)布帛「藍 'a-'i-'i-ro(アイイロ)

らん‐しょく【藍色】

〘名〙 濃い青色。あいいろ。
※自然と人生(1900)〈徳富蘆花〉自然に対する五分時「諸君恐らくは足柄、箱根、伊豆の連山の其藍色(ランショク)一抹の中に潜むを知らざる可し」 〔新唐書‐姦臣伝・盧杞〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藍色の関連情報