コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藍色 あいいろ

色名がわかる辞典の解説

あいいろ【藍色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い青」としている。一般に、やや濃い藍染めの色をさす。藍染めでははなだより暗く、紺色より明るい。は世界最古の染料といわれ、日本でも古くから用いられてきた。『延喜式えんぎしき』では藍と黄蘗きはだを用いた染色が藍色で、やや明るい緑みの青の色名であったが、その後は濃い色を表すようになった。江戸時代から明治時代にかけて普及し、庶民の衣服には欠かせない色であった。現在でも藍染めは代表的な染色の一つ。また、国が表彰する藍綬褒章らんじゅほうしょうの綬(リボン)は藍色。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あい‐いろ〔あゐ‐〕【藍色】

で染めた色。濃い青色。

らん‐しょく【藍色】

濃い青色。あいいろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あいいろ【藍色】

藍で染めた色。くすんだ青。染める回数によって濃淡があり、紺・納戸・縹はなだ・浅葱あさぎ・瓶覗かめのぞきなどの色がある。藍。

らんしょく【藍色】

あいいろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

藍色の関連キーワードブルーブラックブルージーンズ標準色の階級古伊万里様式アミロース呉須染付け浅絳山水燕万年青飾磨の褐藍海松茶グジェリ貧栄養湖CMYK大手拓次黄枯ら茶郡上本染藍青色ブルー揉み藍キアイ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藍色の関連情報