逸見治郎(読み)へんみ じろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸見治郎 へんみ-じろう

1878-1953 明治-昭和時代の発明家。
明治11年生まれ。中村測量計算機製作の下請工場入社。17歳で独立し,のちのヘンミ計算尺の基礎となる櫛型(くしがた)目盛りを考案。竹製の計算尺は明治後期にはヨーロッパにも輸出され,世界8ヵ国の特許をえた。昭和28年4月4日死去。75歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android