コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運動エネルギー兵器(読み)うんどうエネルギーへいき(英語表記)Kinetic Energy Weapon; KEW

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運動エネルギー兵器
うんどうエネルギーへいき
Kinetic Energy Weapon; KEW

弾頭が衝突する際に放出する運動エネルギーによって目標を破壊する兵器。従来の APFSDSなどの徹甲弾も KEWであるが,SDI計画においては指向性エネルギー兵器とともに弾道ミサイル迎撃のための兵器として開発されていた。それには目標に弾頭を直接衝突させる精密誘導能力を必要とするが,その技術は 1980年代初期に確立していたので指向性エネルギー兵器よりは実用化が早いとみられていた。基本的にはミサイルの形で目標に命中するものと,レールガンのように無誘導弾を命中させるものがあるが,いずれも弾頭の速度をきわめて大きくすることにより運動エネルギーを得ている。しかし,SDI計画の変更に伴い,宇宙配備の兵器はなくなり地上発射の対弾道ミサイルのみが生き残った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android