コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徹甲弾 テッコウダン

4件 の用語解説(徹甲弾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てっこう‐だん〔テツカフ‐〕【徹甲弾】

装甲板の貫通を目的とする弾丸。弾頭にタングステン合金を用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

徹甲弾【てっこうだん】

戦車や軍艦の装甲,要塞(ようさい)などのコンクリート壁を貫徹破壊する弾丸。弾体は強靭(きょうじん)な硬度の高い特殊鋼。銃用は実体弾,砲用は頭部の肉を厚くし少量の爆薬をつめた中空弾である。
→関連項目銃弾弾丸劣化ウラン弾

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

てっこうだん【徹甲弾】

装甲板で覆われているような堅固な目標を貫くのに用いる砲弾。頭部に弾帽をかぶせ、着弾表面で破裂しないようにしてある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徹甲弾
てっこうだん

装甲貫徹弾」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徹甲弾の言及

【弾薬】より

…小火器弾薬は,拳銃,小銃,機関銃,散弾銃などに用いられ,通常,弾丸,発射薬,雷管付き黄銅製の薬莢(やつきよう)で一体化されている(図1)。実戦用としては,普通弾,徹甲弾,焼夷弾,曳光弾(えいこうだん),およびこれらを組み合わせた弾薬(たとえば曳光徹甲焼夷弾)があり,訓練用には,空包,擬製弾,狭窄弾(きようさくだん)などがある。このほか,口径20mm以上であるが擲弾(てきだん)を小火器弾薬に含めることがある。…

※「徹甲弾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徹甲弾の関連キーワード要塞砲破甲弾要塞地帯アナドル要塞カザン要塞モノシュトル要塞サンジル要塞アラッド要塞コック要塞要塞化大理石

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徹甲弾の関連情報