コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遍照金剛 ヘンジョウコンゴウ

大辞林 第三版の解説

へんじょうこんごう【遍照金剛】

〘仏〙 大日如来の別名。その光があまねく世界を照らし、その存在は金剛のように堅固であることからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の遍照金剛の言及

【空海】より

…同年7月遣唐大使藤原葛野麻呂に従って入唐留学に出発,12月長安に到着した。翌805年西明寺に入り,諸寺を歴訪して師を求め,青竜寺の恵果に就いて学法し,同年6月同寺東塔院灌頂道場で胎蔵,7月金剛の両部灌頂を,8月には伝法阿闍梨位灌頂を受け遍照金剛の密号を授けられ,正統密教の第8祖となった。師恵果の滅後806年(大同1)越州に着いて内外の経典を収集し,同年8月明州を出発して帰国した。…

※「遍照金剛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

遍照金剛の関連キーワード四国八十八ヵ所南無遍照金剛豪潮寛海犬飼石仏弘法大師青龍寺蓮待別名密号

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遍照金剛の関連情報