光明(読み)コウミョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐みょう クヮウミャウ【光明】

〘名〙 (「みょう」は「明」の呉音)
① 明るい光。光輝。
※菅家文草(900頃)四・九日侍宴同賦仙潭菊「夜来月照光明見、暁後風凉香気起」 〔荀子‐王覇〕
② 輝かしい栄光や、徳をたたえていう。
※史記抄(1477)三「先祖の光明をあきらかにして」
③ (比喩的に) 逆境にあったり、どうしたらよいかわからないで迷ったりしている時に見いだす、希望や解決のいとぐち。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉一七「かれは感情を披瀝(ひれき)する詩人としてより他(ほか)に光明を認め得るものはないと思った」 〔劉駕‐励志詩〕
④ 仏語。
(イ) (「光」は太陽のひかり、「明」は月・星などのひかりの意) 光と明。
※正法眼蔵(1231‐53)坐禅箴「おろかなるともがらは、仏光明をあやまりて日月の光明のごとく、珠火の光耀のごとくあらんずるとおもふ」 〔倶舎論‐一〕
(ロ) 仏菩薩の心身からはなつ光。智慧や慈悲を表わす。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「光明満法界。一字務律梁

こう‐めい クヮウ‥【光明】

〘名〙 (「めい」は「明」の漢音)
① (形動) 明るいこと。また、そのさま。
※四河入海(17C前)二二「日月もひとしほ光明(こうメイ)なぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の光明の言及

【光背】より

…後光,御光ともいい,仏菩薩の放つ光明を象徴するもので,仏教彫刻や仏教絵画においては必ずこれが表現されるのはインド以来の伝統である。仏の光明は色光と心光とに分けられる。…

※「光明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報