コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過渡期国際法 かときこくさいほうinternational law of the transitional period

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

過渡期国際法
かときこくさいほう
international law of the transitional period

ロシア革命後,ソ連の E. A.コロービンによって唱えられた初期の国際法理論。すべての国に妥当する一般国際法の存在を否定し,ヨーロッパ,米州,植民地の国際法のほか,社会主義国と資本主義国の間を規律する世界革命達成までの過渡期国際法が並存するという見方である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報