コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般国際法 いっぱんこくさいほうgeneral international law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般国際法
いっぱんこくさいほう
general international law

世界に現存するほとんどすべての国家が遵守すべき国際法で,特別国際法に対する。国際法は主として国家と国家の関係を規律する法であり,慣習法と条約法に分けられる。国家間の慣習がほとんどの国によって法的意識をもって守られるとき,一般慣習国際法となる。条約法のうちほとんどの国が加入し,いまだ加入していない国にも,その条約への加入を開放しているものを一般国際法とし,数ヵ国に限られている条約を特別国際法という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

一般国際法の関連キーワード領事関係に関するウィーン条約バルセロナ・トラクション事件インド領通行権に関する事件スチムソン・ドクトリン同盟(国際法)条約の締結手続過渡期国際法不可侵条約内国民待遇一方的行為主権免除講和条約退去強制強行規範国際運河宇宙条約領事裁判国際地役外国人世界法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一般国際法の関連情報