一般国際法(読み)いっぱんこくさいほう(英語表記)general international law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般国際法
いっぱんこくさいほう
general international law

世界に現存するほとんどすべての国家が遵守すべき国際法で,特別国際法に対する。国際法は主として国家と国家の関係を規律する法であり,慣習法と条約法に分けられる。国家間の慣習がほとんどの国によって法的意識をもって守られるとき,一般慣習国際法となる。条約法のうちほとんどの国が加入し,いまだ加入していない国にも,その条約への加入を開放しているものを一般国際法とし,数ヵ国に限られている条約を特別国際法という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android