コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道伊羅都売 みちの いらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道伊羅都売 みちの-いらつめ

?-? 飛鳥(あすか)時代の女官。
天智(てんじ)天皇の寵愛(ちょうあい)をうけ,施基(しきの)皇子を生む。施基の王子が光仁(こうにん)天皇,光仁の皇子が桓武(かんむ)天皇となったために,太皇大夫人(たいこうだいぶにん)の称と,朝臣(あそん)の姓(かばね)を追贈された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道伊羅都売の関連キーワード越道伊羅都売施基皇子