コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道南口説(どうなんくどき)

デジタル大辞泉プラスの解説

道南口説(どうなんくどき)

北海道の民謡。函館市、松前郡松前町で歌われる。本州から移った座頭や瞽女などが歌った口説節が発展したものとされる。『下の口説節』と呼ばれ歌い手によって独自に歌われていたのを、1953年に調査・編曲され、現在の形になった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

道南口説(どうなんくどき)の関連キーワード新保広大寺

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android