達声(読み)たっせい

精選版 日本国語大辞典「達声」の解説

たっ‐せい【達声】

〘名〙 音曲に熟した声。
※風曲集(1423頃)「呂律の達声に相応たるべき位に至る稽古の条々は」 〔周礼‐春官・典同〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる