(読み)タチ

デジタル大辞泉の解説

たち【達】

[接尾]人を表す名詞や代名詞に付く。
複数であることを表す。「子供」「僕
複数の意とともに尊敬の意をも表す。
「大舟にま梶しじ貫(ぬ)き此の我子を唐国へ遣るいはへ神―」〈・四二四〇〉
[補説]上代では、神・天皇・高貴な人に限って用いられた。
[用法]たち・がたども――いずれも人が複数であることを示す接尾辞。◇「たち」は「公達(きんだち)」のように元来、若干の敬意を伴う表現であったが、現在では普通に「ぼくたち」「私たち」のように自称に付けたり、「犬たち」「鳥たち」のように動物にも用いるようになった。◇近ごろ「道具たち」のように物に「たち」を付けることがみられるが、これは正しい使い方とはいえない。◇「がた」は敬意を含んだ接尾辞で、「あなたがた」「先生がた」などと用いる。◇「ども」には見下す気持ちが含まれ、「がきども」「野郎ども」のように使う。また、自称の代名詞に付くと謙遜(けんそん)の意を示す。「私ども」「手前ども」◇「ら」は使われる範囲が広い。「彼ら」「子供ら」のように敬意を含まない場合、「お前ら」のように蔑視を表す場合、自称の代名詞に付いて謙遜の意を表す場合、「それら」「これら」のように指示代名詞に付いて物の複数を表す場合などがある。◇敬意の程度は「あなたがた→あなたたち→お前ら」の順に低くなる。

だち【達】

《「友達」の》「友達」の俗な言い方。「まぶだち

たつ【達】[漢字項目]

[音]タツ(漢) ダチ(呉) [訓]たち
学習漢字]4年
〈タツ〉
障りなく通じる。道がとおる。「闊達(かったつ)四通八達
目的・目標とするところに行きつく。「達成栄達窮達到達発達
物事によく通じる。じょうずにこなす。「達人達文熟達上達先達(せんだつ)暢達(ちょうたつ)明達練達
品物などを届ける。「送達速達調達配達
言葉や命令を告げ知らせる。「既達厳達口達示達執達申達通達伝達
〈たち(だち)〉「公達(きんだち)友達(ともだち)・私達・子供達」
[名のり]かつ・さと・さとる・しげ・すすむ・ただ・たて・と・とお・とおる・のぶ・ひろ・みち・よし
[難読]御用達(ごようたし)曹達(ソーダ)伊達(だて)達磨(だるま)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たっし【達】

江戸時代,上役から下役へ,また役所から管下の者へ発せられた指示・命令。達物(たつしもの)ともいう。達書(たつしがき)として書面で令達されたほか,口頭で申し渡す口達(くたつ∥こうたつ)もあった。幕府法令は通常(ふれ)もしくは達の形式で公布されたが,触が比較的広い範囲に触れ知らせるものであったのに対し,達は関係役所または関係者にのみ伝える場合に用いられた。したがって一般的な法規よりも,一回限りの具体的処分や,部内訓令・通達というべきものが多かった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たち【達】

( 接尾 )
名詞・代名詞に付いて、それらが複数であることを表す。 「きみ-のせいだ」 「わたし-も頑張る」 「森の小鳥-」 〔古くは敬意を含み、神や貴人にだけ付いた。現在では「ども」「ら」のような見下した感じはないが、「かた」ほどの敬意はなく、普通、尊敬すべき人にはつけない〕

たつ【達】

【達】 [音] タツ ・タチ
とどく。とどける。 「達意・送達・速達・伝達・到達・配達」
なしとげる。 「達成・調達」
高い水準・境地・地位などになっている。 「達観・達見・達識・達者・達人・達筆・達文・達弁・栄達・熟達・上達・先達せんだつせんだち)・通達・発達・練達」
通知する。命令する。 「下達・示達・申達・進達・通達」
道が通じる。 「四通八達」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だち【達】

〘名〙
① 俗語で、「ともだち」を略した言い方。
② 共犯者・仲間をいう、てきや・盗人仲間の隠語。〔隠語輯覧(1915)〕
※わが新開地(1922)〈村島帰之〉六「若しダチ(仲間)になりたいと思ったら」

たっ‐し【達】

〘名〙 (動詞「達する」の連用形の名詞化。「達示」と当てることもある)
① 江戸幕府で、老中または諸役の上司から下司または支配の者に対して発した命令。
※禁令考‐前集・第一・巻二・慶長一三年(1608)七月二一日「鞠道法令飛鳥井家え達」
② 官公庁から国民へ、あるいは上位者から下位の者への通知・指令。通達。
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉七「看守は遮りて其筋より未だ何等の達(タッシ)なし」
③ 明治一九年(一八八六)二月以前、行政官庁が、その官庁の内部または付属の諸官庁などに発した命令。訓令。
※行政官達‐明治二年(1869)四月二八日「明治二年四月二十八日 行政官達」

たっ・しる【達】

〘自他サ上一〙 (サ変動詞「たっする(達)」の上一段化したもの) =たっする(達)
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「総て砲器の筒先を後ろへ向けよと達(タッ)しらるれば」

たっ‐・す【達】

〘自他サ変〙 ⇒たっする(達)

たっ‐・する【達】

[1] 〘自サ変〙 たっ・す 〘自サ変〙
① 対象にとどく。及ぶ。
(イ) 人や物が、離れた他のある場所にまでいたる。
※小学読本(1873)〈田中義廉〉二「予、彼郷に、達するときは、速かに、音信して」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「君若し一村に達(タッ)するの路を指示し玉あらば」
(ロ) 評判、知らせ、気持などが他のある人にとどく。伝わる。
※平家(13C前)一一「便宜をうかがひ高聞に達せしめ」
※太平記(14C後)一一「賢才の誉(ほまれ)、兼てより叡聞に達(タッ)せしかば」
(ハ) 望みがかなう。目的が成就する。
※平家(13C前)三「今汝が所望達せば」
(ニ) ある時になる。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「各七日ごとに、二夜は暁に達するまで眠らずして」
(ホ) 程度が、ある限度にまで及ぶ。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「吸水管は〈略〉これより長れば、吸力達せず」
② 程度が、究極に及ぶ。
(イ) 最高の境地にいたる。また、深く通じる。広く知り及ぶ。
※今昔(1120頃か)一四「利仁、心猛くして其の道に達せる者にて」
※屋代本平家(13C前)三「管絃の道に達し、才芸世に勝れて御坐しければ」
(ロ) 完全にその状態になる。多く「達して」「達したる」の形で、すっかり、まったく、完全な、などの意で用いられる。
※サントスの御作業(1591)一「シシタル モノラ ヲ ヨミガエシ タマワバ、taxxite(タッシテ) シンズ ベシ ト イエリ」
③ 官位が高くなる。
[2] 〘他サ変〙 たっ・す 〘他サ変〙
① 対象にとどかせる。及ぼす。知らせ、命令、気持などを他のある人に伝える。
※平家(13C前)四「軍士を得て後、案内を達せんとするところに」
② 目的、望みなどをとげる。達成する。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「命あれば前途を達(タッス)ること、異国本朝に多かりき」
※平家(13C前)七「義仲去じ年の秋、宿意を達せんがために」
③ 物事を広く見通す。達観する。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)五「ふかく罪福の相を達(タッ)(〈注〉サトリ)して、あまねく十方をてらす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【太政官布告】より

…法令形式の整備は,国政の中枢機構であるこの太政官制の形成・確立に照応して進められた。明治新政府が発する法令は,維新当初の御沙汰書の形式から布告,布達,達の形式へと移っていくが,版籍奉還,廃藩置県など一連の政治変革を経て統一国家が形成されるまでの過渡的段階においては,法令の形式・名称は一定していない。1871年(明治4)7月の太政官制の改革にともない,全国一般に布告する制度・条例に関する件は太政官より発令し,その他告諭のごときは主任の官省よりじかに布達するものとされたが,各官省による布告も並行して存在していた。…

【通達】より

…上級行政機関が下級行政機関に対して命令する一形式で,文書によってなされる場合をさす。かつては達,示達と呼ばれ,また行政機関の用いる用語としては通牒と呼ばれることもある。国家行政組織法は,大臣等行政機関の長が通達を発しうることを明らかにしているが(14条2項),必ずしもこれらの者にかぎらず,階統的行政組織の上級機関であれば通達を発する権限を有する。…

※「達」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

達の関連情報