コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠津年魚眼眼妙媛 とおつあゆめまくわしひめ

1件 の用語解説(遠津年魚眼眼妙媛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠津年魚眼眼妙媛 とおつあゆめまくわしひめ

記・紀にみえる崇神(すじん)天皇の妃。
日本書紀」によれば,紀伊国(きのくに)の荒河戸畔(あらかわとべ)の娘。豊城入彦命(とよきいりひこのみこと),豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)を生んだという。「古事記」には遠津年魚目目微比売とある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

遠津年魚眼眼妙媛の関連キーワード武渟川別命荒河戸畔伊香色謎命五十日鶴彦命糸媛大入杵命尾張大海媛御間城姫八坂入彦命倭彦命