コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊鍬入姫命/豊鉏入日売命 トヨスキイリヒメノミコト

百科事典マイペディアの解説

豊鍬入姫命【とよすきいりひめのみこと】

崇神天皇の皇女。天皇はその殿内に天照大神をまつることを畏(おそ)れ,姫に大神を託して,宮中から倭(やまと)の笠縫邑(かさぬいのむら)に遷祭させたと《日本書紀》にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊鍬入姫命 とよすきいりひめのみこと

記・紀にみえる崇神(すじん)天皇の皇女。
母は遠津年魚眼眼妙媛(とおつあゆめまくわしひめ)。豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)の妹。「日本書紀」によれば,崇神天皇6年天皇の命をうけ,それまで宮殿内にまつられていた天照大神(あまてらすおおみかみ)を倭(やまと)の笠縫邑(かさぬいのむら)にうつし,垂仁(すいにん)天皇25年に大神が伊勢(いせ)にうつるまで祭祀を担当した。「古事記」では豊鉏入日売命。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

豊鍬入姫命

『古事記』『日本書紀』崇神天皇の皇女。母は,紀伊国(和歌山県)の荒河戸畔の娘,遠津年魚眼眼妙媛。豊城入彦命の妹。崇神6年,天皇が皇居内に並び祭っていた天照大神(アマテラスオオミカミ)と倭の大国魂神の神威を畏れて2神を他所で祭ろうとしたとき,アマテラスの祭祀を託され,倭の笠縫の村に神籬(神が降臨する特殊な場)を立てて,これを祭った。垂仁25年,アマテラスをこの姫から離して垂仁天皇皇女の倭姫命に託したところ,倭姫は大神の導くに従い,その祠を伊勢国(三重県)に立てたという。アマテラスの伊勢鎮座までの祭祀を担った女性。笠縫の村は,桜井市三輪檜原神社境内であるとする説が有力。

(寺田恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の豊鍬入姫命/豊鉏入日売命の言及

【崇神天皇】より

…この天皇が記紀の伝承の中で特に目だつ点は,大物主(おおものぬし)神をはじめとしてもろもろの国津神(くにつかみ)を祭り,また伊勢神宮の創始に関係したとされることである。《日本書紀》によると,それまで天皇と共殿共床の関係にあった天照大神(あまてらすおおかみ)を豊鍬入姫(とよすきいりひめ)命に託して宮廷の外に移し,いわゆる神人分離の基をつくった。トヨスキイリヒメは《古事記》に〈伊勢大神を拝(いつ)き祭る〉と記され,初代の斎宮(さいぐう)であるという。…

※「豊鍬入姫命/豊鉏入日売命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊鍬入姫命/豊鉏入日売命の関連キーワード斎宮(伊勢神宮)大和神社斎宮

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android