遠耳(読み)トオミミ

精選版 日本国語大辞典の解説

とお‐みみ とほ‥【遠耳】

〘名〙
遠方の物音でもよく聞きとることのできること。また、その耳。
※夫木(1310頃)三二「秋ふかみしもまつみねのかねの音に声うちそへて牡鹿なくなり〈源雅兼〉〈略〉右歌本文をよまれたるに侍めり、あさましくとをみみききける人かな」
② 遠方の物音をきくこと。
③ 情報にうといこと。
※医師高間房一氏(1941)〈田畑修一郎〉四「事件はこの土地からはるか離れた所で遅々として進んでゐるのか停滞してゐるのかわからない位であったから、いつとなく遠耳になってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android