源雅兼(読み)みなもとの まさかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源雅兼 みなもとの-まさかね

1079-1143 平安時代後期の公卿(くぎょう),歌人。
承暦(じょうりゃく)3年生まれ。源顕房(あきふさ)の8男。母は藤原惟綱の娘惟子。従三位,権(ごんの)中納言。薄雲中納言とよばれる。学才があり,白河院,鳥羽(とば)院に重用された。歌は「金葉和歌集」などにはいる。康治(こうじ)2年11月8日死去。65歳。家集に「雅兼卿集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

源雅兼

没年:康治2.11.8(1143.12.15)
生年:承暦3(1079)
平安末期の公卿,歌人。村上源氏。右大臣源顕房と因幡守藤原惟綱の娘(惟子)の子。大治5(1130)年参議。治部卿を兼ね,従三位権中納言に至る。薄雲中納言と号した。保延1(1135)年病により出家。有能な官僚として白河・鳥羽両院より絶大な信頼を得,源師時,藤原忠宗などと共に天下を支える臣と称えられた。堀河天皇に近侍して堀河院歌壇に接し,藤原忠通の歌壇にも参加。『金葉集』以下の勅撰集に9首入集。また漢詩が『和漢兼作集』に残る。<著作>『雅兼卿記』

(渡辺晴美)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android