コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤七郎左衛門 えんどう しちろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤七郎左衛門 えんどう-しちろうざえもん

1697-1767 江戸時代中期の公共事業家。
元禄(げんろく)10年生まれ。越後(えちご)蒲原郡(かんばらぐん)下興野新田(しもごうやしんでん)(新潟県豊栄(とよさか)市)の名主。宝暦6年同地が新発田(しばた)藩領から幕府領にかわる際,幕府代官の援助をえて600両で購入,村民の所有とした。のち灌漑(かんがい)用水路をひき,また定期市をひらくことに成功した。明和4年8月死去。71歳。名は宗寿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

遠藤七郎左衛門の関連キーワード総合年表(アメリカ)桂川甫筑プリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争アウグスト[2世]宮崎安貞元禄の大火カルル12世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)ニェゴシュ朝

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android