コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤七郎左衛門 えんどう しちろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤七郎左衛門 えんどう-しちろうざえもん

1697-1767 江戸時代中期の公共事業家。
元禄(げんろく)10年生まれ。越後(えちご)蒲原郡(かんばらぐん)下興野新田(しもごうやしんでん)(新潟県豊栄(とよさか)市)の名主。宝暦6年同地が新発田(しばた)藩領から幕府領にかわる際,幕府代官の援助をえて600両で購入,村民の所有とした。のち灌漑(かんがい)用水路をひき,また定期市をひらくことに成功した。明和4年8月死去。71歳。名は宗寿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

遠藤七郎左衛門の関連キーワード総合年表(アメリカ)桂川甫筑プリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争宮崎安貞元禄の大火カルル12世ツェワン・アラプタン(策妄阿拉布坦)ニェゴシュ朝宮崎安貞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android