コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元禄の大火 げんろくのたいか

2件 の用語解説(元禄の大火の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

元禄の大火【げんろくのたいか】

元禄年間(1688年−1704年)に江戸で生じた3回の大火の総称。元禄10年(1697年)の火事は大塚(現,文京区)善心寺から出火,小日向(こひなた)から旗本御家人屋敷や大縄地(おおなわち)が多い牛込・番町・麹町(こうじまち)一帯まで類焼。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げんろくのたいか【元禄の大火】

1697(元禄10),98,1703年の江戸の大火。元禄時代には大火,小火が頻発したが,江戸の人口増加による人口密集が大きな原因だった。1697年10月17日昼,大塚の善心寺から出火,西風(のち北西風)にあおられ小日向(こびなた),築土(つくど),牛込,飯田町,麴町,番町,代官町を焼き,類焼した旗本屋敷363という大火に始まる。翌年9月6日未明には,新橋南鍋町から出火,強い南風のため遠く北方の千住まで延焼,大名屋敷83,旗本屋敷225,寺院232,町屋1万8703戸,326町を焼いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

元禄の大火の関連キーワード今出川公規小野古風藤堂任口佐倉笑種塩尻白駒百日曽我角南重世諏訪忠正水野勝岑

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone