元禄の大火(読み)げんろくのたいか

百科事典マイペディアの解説

元禄の大火【げんろくのたいか】

元禄年間(1688年−1704年)に江戸で生じた3回の大火の総称。元禄10年(1697年)の火事は大塚(現,文京区)善心寺から出火小日向(こひなた)から旗本御家人屋敷や大縄地(おおなわち)が多い牛込番町麹町(こうじまち)一帯まで類焼。翌11年(1698年)の火事は南鍋(みなみなべ)町(現,中央区)から出火,遠く北に離れた千住(せんじゅ)まで延焼した。元禄16年(1703年)の火事は小石川水戸藩上屋敷から出火,本郷浅草から隅田川を越えて本所深川まで類焼し,湯島天神湯島天満宮)・湯島聖堂なども焼失。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんろくのたいか【元禄の大火】

1697(元禄10),98,1703年の江戸の大火。元禄時代には大火,小火が頻発したが,江戸の人口増加による人口密集が大きな原因だった。1697年10月17日昼,大塚の善心寺から出火,西風(のち北西風)にあおられ小日向(こびなた),築土(つくど),牛込,飯田町,麴町,番町,代官町を焼き,類焼した旗本屋敷363という大火に始まる。翌年9月6日未明には,新橋南鍋町から出火,強い南風のため遠く北方の千住まで延焼,大名屋敷83,旗本屋敷225,寺院232,町屋1万8703戸,326町を焼いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android