コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤元閑 えんどう げんかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤元閑 えんどう-げんかん

?-? 江戸時代前期-中期の茶人。
尾張(おわり)名古屋藩医の家に生まれる。明暦2年(1656)ごろ小堀遠州の弟子岡部道可にまなぶ。元禄(げんろく)から宝永にかけ「茶湯献立指南」「茶之湯六宗匠之伝記」「茶之湯綱目」など,おおくの茶道の本をあらわす。武家故実,礼法などの著作もある。名は鳩。別号に広長軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

遠藤元閑

生年:生没年不詳
江戸中期の茶人,医者。広長軒と号した。尾張徳川家の藩医の家に生まれ,医のかたわら,明暦2(1656)年ごろ,小堀遠州門下の岡部道可に茶を学ぶ。元禄・宝永期(1688~1711)に茶,花,香,軍記などに多くの著作を残した。茶道関係では,点前解説書としての『茶之湯三伝集(茶湯秘伝図式)』『当流茶之湯流伝集』『茶之湯真台子(茶之湯綱目)』『茶之湯指南抄』のほか,懐石料理の書『茶湯献立指南』,茶の湯百科としての『茶湯評林』,茶人伝『茶之湯六宗匠伝記』『茶之湯古今惑問』,その他礼法書『嫁娶調宝記』などがある。

(谷端昭夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

遠藤元閑の関連キーワード遠州流

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android