礼法(読み)ライホウ

精選版 日本国語大辞典の解説

らい‐ほう ‥ホフ【礼法】

〘名〙 (「らい」は「礼」の呉音) =れいほう(礼法)
古今著聞集(1254)二「礼法をきびしくして、せめさいなみて、人よりもことにいためければ、西行涙を流して」

れい‐ほう ‥ハフ【礼法】

〘名〙 礼儀作法。礼式。礼典。らいほう。
※懐風藻(751)暮春於弟園池置酒〈藤原万里〉「寄言礼法士、知我有麤疎
※太閤記(1625)二〇「上古之法を用ゐて、新法之宜を加へ、礼法の書出来なば」 〔荀子‐脩身〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

礼法の関連情報